カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
送料:全国一律 550円(税込)4500円(税込)以上のお買い上げで送料無料

お電話・FAX・メールでのご相談・ご注文を承ります。
「サイズが分かりにくい、商品の違いが分からない、もっと詳しい商品内容」など、ご説明します。

電話番号:072-811-5170 ・ FAX番号:072-811-5175
メールアドレスkadono@ces55.com
留守番電話の場合は、お電話番号とお名前を録音して下さい。当店よりお電話します。

腰の痛み、4つの対処法


腰の痛み、4つの対処法

今日からできる腰の痛みの対策


体重70kgの人は立つだけで、腰に100kgの力が、かかってきます。

軽くおじぎをすると150kg、イスに座っておじぎをすると180kgにもなります。


<腰の痛みのサイン>

<症 状>

<原 因>
 ・台所で洗い物をしていると腰がはる  腰の筋肉に負担
 ・長時間の運転で腰がだるくなる  腰の筋肉に負担
 ・重い荷物を持つと腰に負担がかかる  腰の筋肉の酷使
 ・イスに座っていると腰が痛くなる  腰の筋肉の衰え(加齢や運動不足)

前かがみや同じ姿勢を続けていると腰への負担が増します。
腰の痛みの原因を知り、早めに対処することが大切です。


<腰の痛みに、4つの対処法>

(1)固めの布団で寝る

柔らかすぎる寝具は体が沈んだ状態になりがちです。
したがって自然な姿勢を崩す結果になり腰の痛みの原因にもなります。

固めの敷布団のほうが体の沈み込みが少なく、腰の痛みが気になる人にはお勧めです。


(2)健康エクササイズ(軽い運動)

空気イストレーニング(毎日10回〜30回)
(イスの無いところで、イスに座るような格好をする)


腰を中心に体のバランスを保つトレーニング

1.ひざをやや曲げて立つ

ひざは伸ばしきらず、やや曲げて

立ちます。

両脚を肩幅よりやや広めに開いて

立つ。

両手はバランスをとるため前に

出します。


2.ゆっくりと腰を下ろす

ゆっくりとイスに座るように腰を

下ろします。

腰を下げる高さは、自分の限界までを

目安に。

ゆっくりと1の体勢に戻ります。



(3)バランスのとれた食事

腰の痛みにビタミンB群

パソコン作業や車の運転など、日常生活の中には腰の痛みの原因になる前傾姿勢が意外と多いです。

疲労物質がたまるのを防ぐビタミンB1、神経の働きに必要なビタミンB6、末梢神経の修復に関与するビタミンB12をしっかり摂りましょう。

元気食材(例:ビタミンB群を多く含む食材)

・モロヘイヤ

モロヘイヤのルーツは、古代エジプト時代にまでさかのぼります。
当時からほとんどの農家で栽培されていました。
ビタミンB群を豊富に含む食材です。

・玄米の炊き込みご飯

にんじん、ごぼう、れんこん・・・根野菜と一緒に玄米をおいしく食べましょう。
ビタミンB群が効果的に摂れます。


(4)医薬品など

食事だけでは充分にビタミンB群を摂れない方は、市販のビタミン剤も併用します。
最初はマルチビタミンやビタミンBコンプレックスと表示しているものが無難です。

ビタミンBは水溶性ですから摂りすぎても排泄されるので安心です。
湿布薬や消炎剤などを使って腰の痛みに部分的に対処するのも効果的です。



整骨院に行く人の半分は「腰の痛み」だと言われています。

パソコンや車の運転で、イスに座っている時間の長い方は特に注意してください。

イスに座るのは腰をいじめているのです。

腰の痛みは毎日の習慣でコントロールしましょう。



腰痛の方へ、おすすめの腰痛ベルト

ハード・腰椎コルセット 4300円

5つの機能でがっちり固定サポート

1)2本の幅広コイルボーンが縦、横方向にも、がっちり腰をサポート

2)補助プレート(取り外し可)

3)マジックテープ自在ベルト

4)遠赤外線加工

5)固定ベルトで強力サポート

腰痛腰の痛みに、ハードタイプ・腰椎コルセット


W生ゴム骨盤ベルト   2140円

天然生ゴムの優れた伸縮性と特殊裁断で腰を強力サポート。

骨盤のゆがみ・ずれを補正し、骨盤全体に均等な圧力をかけサポート。

天然生ゴムの強力な引締め効果、骨盤をしっかり支え腰痛を緩和。

腰痛にW生ゴム骨盤ベルト

W生ゴム骨盤ベルト


腰痛腰の痛みに、ハードタイプ・腰椎コルセット腰痛に腰椎コルセット腰痛にメッシュV型ダブル骨盤ベルト腰痛にW生ゴム骨盤ベルト


健康情報

腰の痛み



腰痛対策・商品一覧

腰痛対策


姿勢以外が原因で起こる腰痛と肩こり


姿勢以外が原因で起こる腰痛と肩こり


<腰痛>

すべての腰痛が悪い姿勢が原因となって起こるわけではありません。

背骨や内臓の疾患が原因の腰痛もあります。

背骨の疾患が原因のものとしては、「椎間板ヘルニア」があります。
椎間板の中の髄核と呼ばれる部分がはみ出して神経を圧迫する病気です。

その他にも、「脊椎分離症」・「脊椎すべり症」・「脊椎腫瘍」・「骨粗しょう症」も腰痛の原因になります。

内臓疾患が原因のものとしては、

「腎盂腎炎」・「腎結石」・「膵炎」・「子宮筋腫」・「子宮内膜症」などがあります。

これらの疾患のために起きる腰痛は、元の疾患を治療しなければ改善しませんので、医療機関で診察を受け主治医のアドバイスを受けてください。


<肩こり>

腰痛同様、肩こりも悪い姿勢だけが原因というわけではありません。

肩に、こりや痛みを感じるもので、よく知られているのは、「五十肩」(四十肩)です。

正式名称は「肩関節周囲炎」といい、骨自体の異常ではなく加齢によって肩の周辺に炎症が起こるもの。いわば肩の老化現象です。

痛みは個人差がありますが、痛みがあってもできるだけ肩を動かすことが大事です。
通常半年から1年、長くて1年半くらいで痛みが薄れ治るのが一般的です。


このほか「胸郭出口症候群」「変形性頚椎症」も肩にこりや痛みを生じます。

肩こりには、このようにいろいろな疾患が潜んでいることがあります。

肩こりがある人は、.姿勢以外の原因でおきていないかを医療機関で診察を受けて確かめ、主治医のアドバイスを受けることが大切です。



腰痛の方へ、おすすめの腰痛ベルト

ハード・腰椎コルセット 4300円

5つの機能でがっちり固定サポート

1)2本の幅広コイルボーンが縦、横方向にも、がっちり腰をサポート

2)補助プレート(取り外し可)

3)マジックテープ自在ベルト

4)遠赤外線加工

5)固定ベルトで強力サポート

腰痛腰の痛みに、ハードタイプ・腰椎コルセット


W生ゴム骨盤ベルト   2140円

天然生ゴムの優れた伸縮性と特殊裁断で腰を強力サポート。

骨盤のゆがみ・ずれを補正し、骨盤全体に均等な圧力をかけサポート。

天然生ゴムの強力な引締め効果、骨盤をしっかり支え腰痛を緩和。

腰痛にW生ゴム骨盤ベルト

W生ゴム骨盤ベルト


健康情報

腰の痛み


腰痛対策・商品一覧

腰痛対策


腰痛・生活上の注意


腰痛・生活上の注意

日常生活では前かがみ、反りすぎの姿勢に注意?


前かがみの姿勢のときは、立っているときに比べ、腰に約2倍の負担がかかる。

また、反りすぎるのも腰への負担がかかる。

工夫して、腰に優しい生活を心がけましょう。


物を持ち上げるとき

腰痛・生活上の注意

 脚を前後にずらした状態で片方の

 膝をつき、持ち上げる物に手をかける。

 背筋を伸ばしたまま、脚の力を

 使って、まっすぐ立ち上がる。

 この方法だと腰への負担は軽くなる。

腰痛・生活上の注意

  前かがみの姿勢で物を持ち上げると、

  腰には立っているときの4〜5倍の

  負担がかかる。



洗い物をするとき

腰痛・生活上の注意

 背筋を伸ばして作業ができるよう、

 適度な高さのいすなどを用意すると

 よい。

腰痛・生活上の注意

  台所の流し台で皿洗いなどを

  するときは、長時間前かがみの

  姿勢になることが多い。



洗髪するとき

腰痛・生活上の注意

 できるだけ、背筋を伸ばした状態で

 行うようにする。

腰痛・生活上の注意

 洗髪するときや、シャワーを浴びる

 ときなども、前かがみの姿勢になる

 ことが多い。



あおむけで寝るとき

腰痛・生活上の注意
 膝を少し曲げたり、畳んだタオル
 などを膝の下にいれたりして寝ると
 良い。

腰痛・生活上の注意

 あおむけで寝ると、腰がやや反った

 上体になりやすい。





腰痛の方へ、おすすめの腰痛ベルト

ハード・腰椎コルセット 4300円

5つの機能でがっちり固定サポート

1)2本の幅広コイルボーンが縦、横方向にも、がっちり腰をサポート

2)補助プレート(取り外し可)

3)マジックテープ自在ベルト

4)遠赤外線加工

5)固定ベルトで強力サポート

腰痛腰の痛みに、ハードタイプ・腰椎コルセット


W生ゴム骨盤ベルト   2140円

天然生ゴムの優れた伸縮性と特殊裁断で腰を強力サポート。

骨盤のゆがみ・ずれを補正し、骨盤全体に均等な圧力をかけサポート。

天然生ゴムの強力な引締め効果、骨盤をしっかり支え腰痛を緩和。

腰痛にW生ゴム骨盤ベルト

W生ゴム骨盤ベルト


腰痛ベルトの選び方

腰痛腰の痛みに、ハードタイプ・腰椎コルセット腰痛に腰椎コルセット腰痛にメッシュV型ダブル骨盤ベルト腰痛にW生ゴム骨盤ベルト


健康情報

腰の痛み


腰痛対策・商品一覧

腰痛対策


腰痛にあぐらは厳禁!


腰痛にあぐらは厳禁!

あぐらは、腰をいじめています


なぜ、腰痛の人は“あぐら”をかいては、いけないのか?

お年寄りの持病のように言われていた腰痛だが、今では老若男女を問わない現代病のひとつといわれている。

その原因のひとつが洋風化した生活。

つまり、畳に正座することが減りイスに座る暮らしになったことが足腰を弱くし、その結果椎間板ヘルニアや腰痛が増えているというのだ。

腰痛になった場合、日常生活で気をつけたいのが 「あぐらをかかないこと」

なぜなら、あぐらをかくと弾性体でできている背骨の椎間板の内圧が高まり負担をかけてしまうからだ。

椎間板の内圧は、
「寝ているとき」がいちばん低く、つぎに「直立のとき」「正座をしているとき」「イスに腰かけているとき」「あぐらをかいているとき」の順で高くなるという。

ヒトが2本足で立つようになったのと同時に腰痛の歴史が始まったといわれているが、これを解消するためには寝ているか、さもなければ運動して足腰を鍛えるしかなさそうだ。

といっても、おおげさな運動をする必要はなく「早足で歩くこと」がもっとも手軽で効果的だという。

腰への負担の程度

 ・寝ているとき

 ・直立しているとき

 ・正座しているとき

 ・イスに座っているとき

 ・あぐらをかいているとき

 (下へ行くほど負担になっている)


畳に座る場合、腰への負担を考えると正座をするべきです。

でも、正座は長い時間はできません。

また、ひざに負担がかかるので、ひざ痛の心配のある方は正座ができません。

そんな時は、座いすを利用しましょう。

座いすを利用し足を投げ出して座ることが、腰痛・ひざ痛を防ぎます。



腰痛の方へ、おすすめの腰痛ベルト

ハード・腰椎コルセット 4300円

5つの機能でがっちり固定サポート

1)2本の幅広コイルボーンが縦、横方向にも、がっちり腰をサポート

2)補助プレート(取り外し可)

3)マジックテープ自在ベルト

4)遠赤外線加工

5)固定ベルトで強力サポート

腰痛腰の痛みに、ハードタイプ・腰椎コルセット


W生ゴム骨盤ベルト   2140円

天然生ゴムの優れた伸縮性と特殊裁断で腰を強力サポート。

骨盤のゆがみ・ずれを補正し、骨盤全体に均等な圧力をかけサポート。

天然生ゴムの強力な引締め効果、骨盤をしっかり支え腰痛を緩和。

腰痛にW生ゴム骨盤ベルト

W生ゴム骨盤ベルト


健康情報

腰の痛み


腰痛対策・商品一覧

腰痛対策


腰痛、坐骨神経痛は治るのか?


腰痛、坐骨神経痛は治るのか?

きちんと対処すれば、9割の人は生活に支障無し。

腰痛、坐骨神経痛で悩んでいる方の多くは「一度腰痛になるとクセになる。」
とか、「もう年だし仕方ない」と考えておられます。

下記は、腰痛患者の方が整形外科医に質問した時の答えです。
腰痛はきちんと対処すれば、90%の方は日常生活に支障が無い程度には回復します。

まず整形外科医の正確な診断を受けてください。



<質 問>

腰痛・坐骨神経痛は、一度発症すると治らないのですか?


<回 答>

患者さんの大部分の人が、腰痛、坐骨神経痛はいったん発生したら治らないで 長く悩まされると考えている方が多いと思われます。

腰痛、坐骨神経痛の原因としてよく言われている腰部椎間板ヘルニアについて、こんな報告があります。

腰部椎間板ヘルニアとして診断を受け入院し、保存療法を受けた患者さんを5年後に追跡調査した報告です。

50%の患者さんは症状が無く、42%の患者さんが症状はあるが日常生活に支障は無いという状態です。

症状があって日常生活で困っているという患者さんは8%に過ぎません。

この事実は腰部椎間板ヘルニアで明らかな圧迫所見が存在していても、時間の経過と共に大部分の人は良くなってしまうということを示唆しています。

また腰痛や坐骨神経痛を経験した50歳以上の整形外科医にその予後を聞いてみた結果があります。

発症後、最低5年以上、最高30年以上を経過している方で、
その後
発症がない人は23%、

症状はあっても障害がない人が68%、

症状はあって日常生活上支障がある人はわずか9%です。

さらに、これら対象者の腰痛、坐骨神経痛の症状持続期間をみると、3ヶ月以上続いている人は10%に過ぎません。



以上の結果は、腰痛、坐骨神経痛の90%は、3ヶ月以内に軽快することが多く、問題となる腰痛、坐骨神経痛は全体の10%程度と考えてよいことを示しています。

ただし、内臓疾患や腫瘍による腰痛の揚合も、まれにあるため専門医の正確な診断を受けることが重要です。



腰痛の方へ、おすすめの腰痛ベルト

ハード・腰椎コルセット 4300円

5つの機能でがっちり固定サポート

1)2本の幅広コイルボーンが縦、横方向にも、がっちり腰をサポート

2)補助プレート(取り外し可)

3)マジックテープ自在ベルト

4)遠赤外線加工

5)固定ベルトで強力サポート

腰痛腰の痛みに、ハードタイプ・腰椎コルセット


W生ゴム骨盤ベルト   2140円

天然生ゴムの優れた伸縮性と特殊裁断で腰を強力サポート。

骨盤のゆがみ・ずれを補正し、骨盤全体に均等な圧力をかけサポート。

天然生ゴムの強力な引締め効果、骨盤をしっかり支え腰痛を緩和。

腰痛にW生ゴム骨盤ベルト

W生ゴム骨盤ベルト


健康情報

腰の痛み


腰痛対策・商品一覧

腰痛対策


椎間板ヘルニアの症状


椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアの内視鏡手術


椎間板ヘルニアは、椎骨と椎骨の間にある椎間板に強い圧力が加わって、椎間板の一部がはみ出し神経を圧迫する病気です。

この椎間板ヘルニアの発症がもっとも多いのは20〜30歳代の働き盛りです。

また、この病気は椎間板が強く圧迫されることで起こりますが、椎間板が圧迫される力の強さは姿勢によって大きく変化します。

そのため「前かがみの姿勢で作業する人、重い荷物を持つ人、長時間座ったまま仕事をする人」などに多い傾向があります。


椎間板ヘルニアとは

椎間板を上から見た図

椎間板ヘルニア

 椎間板に大きな負担がかかると、

 繊維輪に亀裂が生じ、髄核が

 はみ出して、神経根を圧迫します。

 きっかけとなる動作

  ・前かがみの姿勢

  ・中腰で重い荷物を持つ

  ・腰を急にひねる

椎間板ヘルニア

 このような動作によって繊維輪が

 傷つき、髄核が飛び出すことで

 起こります。

脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニア


椎間板ヘルニアの検査と治療

椎間板ヘルニアが起きているがどうかは、MRI検査を受けるとはっきりします。

かつては、はみ出した髄核を手術で取り除かなければ完治しないと考えられていたため、椎間板ヘルニアが見つかるとすぐに手術が行われていました。

しかし最近では、突出した髄核が自然に吸収されるケースがかなりあることが分かってきています。

自然に吸収される可能性が高い場合には、吸収されるまでの間、痛みなどの症状を抑える保存療法を行います。

ただし、症状が重く自然吸収の可能性が低い場合や、社会復帰を急ぐ場合には手術が選択されます。

手術時間は1時間以内で、入院期間は1〜2週間です。


椎間板ヘルニアを見分ける方法


ゆっくり行い、決して無理をしないようにしましょう。

椎間板ヘルニアを見分ける方法

 膝を伸ばし、あお向けに寝ます。

 膝を伸ばしたまま片方の脚をゆっくり持ち上げます。

 腰痛がないと直角近くまで上げられますが、椎間板ヘルニアだと、

 痛みのある側の脚の後側に痛みが走り、上げられません。



椎間板ヘルニアの内視鏡手術について

最近内視鏡でヘルニア摘出を行う施設も多くなってきました。

通常キャスパー法という方法で行う事が多いですが、本法では1cm程度の皮切を加え、それを開口器で開いておきます。

そこで 大腸ファイバーや胃カメラのような器具を入れて、黄靭帯という比較的強い筋を切開し、後ろにせり出してきたヘルニアに切開をいれて中身を引き出します。

大きく開ける従来の方法はLOVE法と言われ、むしろ手術時間は早いのですが、背中の筋肉も大きく開くので手術後4週間はベッド上で安静を余儀無くされ、トイレもベッド上です。

内視鏡手術の場合は、術後2ー3日で歩行可能、数日で退院可能です。

抜糸は外来でしてもよいくらいです。

肉体労働への復帰はどちらの手術も 一ヶ月程度で可能でしょう。

通常、椎間板ヘルニアの治療は保存療法(手術以外の治療法)を、身体に対する負担の少ないものから順に行います。

ある治療法の効果がなかったら次の段階に進むということをするわけです。

そして、最終的には多くの方が保存療法で症状が軽快します。

しかし、この方法には治癒の時期が何時か判らないという欠点があります。

現役社会人にとっては、休職そのものよりも復職時期の予定が立たないことの方が困ります。

こういう場合には上記の治療手順を無視して早期から手術を考慮します。

手術の場合、復職までに一定の期間を必要としますが社会復帰の時期についての予定が立てられます。

「復職時期を明確にすること」を優先するのなら手術と考えますが、これはご当人が決断しないことには始まりません。

医学的な問題よりも「お家の事情」が大きく関わってきますので、何を優先するかを明確にした上でその希望を主治医にはっきり伝えて相談に乗ってもらうのが良いと思います。


椎間板ヘルニアの方がやってみて、効果が感じられた体操

「私は1−6が効きます。ちょっとヤバそうだな(腰痛)と思っても1−6をやると翌日には大丈夫です。」

1-6
あおむけの状態からゆっくり腰をひねり、

片足を交差させて反対側の床につけます。


この時、背中を床から離さないのが理想です。


左右交互に行います。


<目的>


背筋、臀筋を柔軟にすると同時に腰椎の柔軟性も

高めます。

 (左右とも10秒間 ×2回)

椎間板ヘルニアの方が実際にやってみて効果があった体操

■腰の痛みは腰痛体操で治す より抜粋




腰痛の方へ、おすすめの腰痛ベルト

ハード・腰椎コルセット 4300円

5つの機能でがっちり固定サポート

1)2本の幅広コイルボーンが縦、横方向にも、がっちり腰をサポート

2)補助プレート(取り外し可)

3)マジックテープ自在ベルト

4)遠赤外線加工

5)固定ベルトで強力サポート

腰痛腰の痛みに、ハードタイプ・腰椎コルセット


W生ゴム骨盤ベルト   2140円

天然生ゴムの優れた伸縮性と特殊裁断で腰を強力サポート。

骨盤のゆがみ・ずれを補正し、骨盤全体に均等な圧力をかけサポート。

天然生ゴムの強力な引締め効果、骨盤をしっかり支え腰痛を緩和。

腰痛にW生ゴム骨盤ベルト

W生ゴム骨盤ベルト


腰痛ベルトの選び方

腰痛腰の痛みに、ハードタイプ・腰椎コルセット腰痛に腰椎コルセット腰痛にメッシュV型ダブル骨盤ベルト腰痛にW生ゴム骨盤ベルト


健康情報

腰の痛み


腰痛対策・商品一覧

腰痛対策


脊柱管狭窄症の治療


脊柱管狭窄症の治療

(せきちゅうかんきょうさくしょう)

腰痛対策の新情報


50歳代から増え始める「脊柱管狭窄症(せきちゅうかん・きょうさくしょう)」は、
近年、腰痛のなかでも特に多くなってきています。

神経の通り道である「脊柱管」が狭くなることで、腰痛や歩行障害などが起こります。



脊柱管狭窄症とは?

「脊柱管」が狭くなり、神経が圧迫される

脊柱(背骨)を構成している椎骨(ついこつ)は、円柱状の「椎体(ついたい)」と、後方に張り出した「椎弓(ついきゅう)」から成っています。
椎骨が積み重なることでできる、管状の空間を「脊柱管」といいます。

第一腰椎のあたりから下の脊柱管には、「馬尾(ばび)」と呼ばれる神経の束が通っています。
馬尾から分かれた神経は、脊柱管から出て脚のほうに伸びています。

「脊柱管狭窄症」はこの脊柱管が狭くなる病気で高齢者に多く見られます。

老化に伴う椎間関節や椎間板の変形に加え、椎体が前方にずれる「脊椎すべり症」も脊柱管狭窄症の原因になります。



・脊柱管狭窄症の症状

脊柱管狭窄症では神経が圧迫されて症状が引き起こされます。

圧迫される部位により、馬尾が圧迫される「馬尾型」、神経根が圧迫される「神経根型」、両方が圧迫される「混合型」に分類されます。

脊柱管狭窄症の代表的な症状は、「腰痛」と脚の痛みやしびれから起こる「歩行障害」です。

腰を反らせると脊柱管が狭くなるため痛みが強くなり、前かがみになると楽になるのが特徴です。

しばらく歩くと脚の痛みや、しびれで歩けなくなる場合も前かがみで休むと脊柱管が広がり、またしばらくは歩けるようになります。

脚の痛みやしびれは、腰から脚、足の裏などに広がります。

また、神経が圧迫されることで排泄障害や感覚障害が起こることもあります。


脊柱管狭窄症とは?


正常

脊柱管狭窄症

 脊柱(背骨)には、椎弓と椎体の間に

  「脊柱管」という空間がある。

脊柱管には「脊髄」と「馬尾」や

「神経根」が通っている。

脊柱管狭窄症(混合型)脊柱管狭窄症

腰椎の脊柱管が狭くなると、

神経根や馬尾などが圧迫される。

椎間板の変形などが脊柱管を

狭める原因となる。


脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニア



脊柱管狭窄症の主な症状

 ・腰痛

 ・歩行障害

 ・脚の痛み、しびれ

 ・排泄障害

 ・感覚障害 など

脊柱管狭窄症の治療

痛みやしびれが起こる部位馬尾が

圧迫されると、両方の足の裏側に

痛みやしびれが起こる。

片方の神経根のみが圧迫された

場合には、圧迫された側の脚に痛みや

しびれなどが起こる。




治療法 -保存療法(手術をしない療法)-

薬物療法や神経ブロックなどが行われる

脊柱管狭窄症では、まず薬物療法、装具療法、神経ブロック療法などの保存療法が行われます。

・薬で痛みやしびれを軽減させる

痛みに対しては「消炎鎮痛薬」が、しびれに対しては「ビタミンB12製剤」が用いられます。

歩行障害がある場合には、血流を改善する「プロスタグランジン製剤」が使われます。

・コルセットなどで腰を固定する

腰を伸ばすと痛むので、やや前かがみの状態で固定するコルセットが用いられます。

腰を伸ばすことが制限されるため、コルセットを装着することで神経への刺激が軽減されます。

・神経ブロック注射で痛みを軽減させる

神経やその周囲に「局所麻酔薬」と「ステロイド薬」を注射することによって痛みを遮断し炎症を抑える治療法です。

脊柱管狭窄症の神経ブロックには、「硬膜外ブロック」と「神経根ブロック」の2つの方法があります。

硬膜外ブロックでは、神経を覆っている硬膜の外側にある硬膜外腔に薬剤を注射します。

神経根ブロックでは、障害を受けている神経根の周囲に薬剤を注射します。


脊柱管狭窄症の保存療法

<神経ブロック療法>


・硬膜外ブロック

尾骨の上にある仙骨部から硬膜外腔に

局所麻酔薬やステロイド薬を注射する

方法。


・神経根ブロック

背中側から針を刺し、圧迫されている

神経根の周囲に直接、局所麻酔薬と

テロイド薬を注射する方法。

脊柱管狭窄症の保存療法


<薬物療法>

消炎鎮痛薬や血流を改善

するプロスタグランジン

製剤などが用いられる。

<装具療法>

 前かがみの姿勢を保つ

 ようなコルセット

 用いられることもある。

脊柱管狭窄症の治療



治療法 -手術-

排泄障害などがある場合に手術が検討される

手術を考えるのは、保存療法で十分な効果が得られず症状が悪化しているような場合です。

歩行障害などにより、日常生活に著しく不便を感じている場合には手術が勧められます。

また、排泄障害がある場合には手術が必要となります。

手術には、神経への圧迫を除く「除圧術」と上下の椎骨を固定する「脊椎固定術」という方法があります。

・除圧術

脊柱管が狭くなることによって神経が圧迫されているので、脊柱管を形づくっている脊椎の一部を切除することで圧迫を取り除く手術です。

次の2つの方法があります。

椎弓切除術

脊柱管は椎体の後壁と椎弓に囲まれています。
狭くなった脊柱管を広げるために、椎弓を広範囲にわたって切除する手術です。

広範囲にわたって神経への圧迫を取り除くことができます。
脊柱管狭窄症の手術では、この方法が最もよく行われています。

開窓術

椎弓切除術と同じように椎弓を部分的に切除し、窓を開けたような状態にする手術です。
ただし、神経を圧迫している部分(椎弓の一部・椎間関節の内側・靭帯)を中心に切除し、それ以外の部分は可能な限り残すようにします。

・脊椎固定術

椎骨のすべりが原因となっている場合には、ずれている部分を固定する手術で、脊柱管が狭くなるのを改善できます。

自分の骨を移植する方法や人工骨を使う方法があります。また、固定するための金属が用いられることもあります。

・新しい手術

患者さんの身体的な負担が軽い手術として「内視鏡手術」も試みられるようになっています。

背中を小さく切開し、そこから患部に内視鏡を挿入しモニターの画面を見ながら手術を行います。


<参 考>

椎間板ヘルニアの内視鏡手術について

最近内視鏡でヘルニア摘出を行う施設も多くなってきました。

通常、キャスパー法 という方法で行う事が多いですが本法では1cm程度の皮切を加え、それを開口器で開いておきます。

そこで 大腸ファイバーや胃カメラのような器具を入れて、黄靭帯という比較的強い筋を切開し後ろにせり出してきたヘルニアに切開をいれて中身を引き出します。

大きく開ける従来の方法は LOVE法 と言われ、むしろ手術時間は早いのですが背中の筋肉も大きく開くので手術後4週間はベッド上で安静を余儀無くされトイレもベッド上です。

内視鏡手術の場合は、術後2ー3日で歩行可能、数日で退院可能です。

抜糸は外来でしてもよいくらいです。肉体労働への復帰はどちらの手術も 一ヶ月程度で可能でしょう。


脊柱管狭窄症の手術例

脊柱管狭窄症の手術

 馬尾や神経根への圧迫を除くために、

 脊柱管の後ろの壁を構成している椎弓を

 広範囲にわたって切除する方法。

 神経を圧迫している、椎弓の一部と

 椎間関節の内側、靭帯を中心に

 切除する方法。



手術後はコルセットを装用します。

手術後は通常、約3〜4日でコルセットを用いて歩行訓練を始めます。
一般的には約10〜14日で退院となります。



<質問>

100メートル歩くのがつらい。

68歳女性です。15年程前より、除々に腰が曲がってきております。
腰痛はないのですが毎日コルセットが欠かせません。
家事全般はこなせますし、その為に家の中を歩き回る(階段の昇降を含む)のも腰を曲げたままですが問題はありません。

よく田舎のお年寄りで、腰が曲がってかなりの前屈姿勢になっているにもかかわらず、 畑仕事をされている方がいらっしゃいますが、あんな感じでしょうか。

ただ私の場合、距離を歩くことが出来ません。外を100メートルも歩くと、もうつらいです。
孫をのせたベビーカーを押しながら歩いたり、両手に少々重い荷物を持って歩くと普通に歩くよりは大分楽です。


<回答>

まず年齢から考えて腰部脊柱管狭窄症が考えられます。

これが発生した原因は組織の脆弱化があります。
自分で出来る対策として腹筋の強化、さらに呼吸法として腹式呼吸を常に心がけるようにします。
腹背筋や腰部、下肢の筋力強化が重要です。
コルセットが欠かせないとのことですが、コルセットは腹背筋の代用ですので、是非とも腹背筋の強化をお勧めします。

まずは普段の姿勢を改善させ、なるべく背筋をのばしておく事を努力してください。
それだけでも継続する事で筋力改善の効果がでてきます。

また、寝る前や朝起きる前に、あおむけのままでお腹に力をいれて首を持ち上げおへそを見るようにする事をしてみて下さい。

毎日継続する事で筋力改善効果があり良いリハビリとなります。



腰痛の方へ、おすすめの腰痛ベルト

ハード・腰椎コルセット 4300円

5つの機能でがっちり固定サポート

1)2本の幅広コイルボーンが縦、横方向にも、がっちり腰をサポート

2)補助プレート(取り外し可)

3)マジックテープ自在ベルト

4)遠赤外線加工

5)固定ベルトで強力サポート

腰痛腰の痛みに、ハードタイプ・腰椎コルセット


W生ゴム骨盤ベルト   2140円

天然生ゴムの優れた伸縮性と特殊裁断で腰を強力サポート。

骨盤のゆがみ・ずれを補正し、骨盤全体に均等な圧力をかけサポート。

天然生ゴムの強力な引締め効果、骨盤をしっかり支え腰痛を緩和。

腰痛にW生ゴム骨盤ベルト

W生ゴム骨盤ベルト


健康情報

腰の痛み


腰痛対策・商品一覧

腰痛対策


ぎっくり腰の原因と対処法


ぎっくり腰の原因と対処法

ぎっくり腰、腰痛で困った時には、まず安静


ぎっくり腰とは、「グキッ」と急に発生する腰痛の総称

ぎっくり腰には、原因不明の腰痛症や腰椎椎間板ヘルニアの初期の段階も含まれ、痛みの激しさなどから、魔女の一撃」とも言われています。

人は進化の過程で直立できるようになりました。

骨盤は水平から60度しか起き上がっておらず、直立するために腰部分の骨は前にカーブしています。

背中部分の骨は後にカーブし首にかけてもう一度前にカーブするというS字の仕組みになっており、この腰部分のカーブが人の腰の弱点になっているのです。

その骨盤の上に腰骨が乗っているわけで30度の傾斜の上に立つのと同じ状態です。

そのため、支えている腰の部分に負荷がかかるので、傾斜の上に立つ腰骨を支える周辺の腹筋や背筋を日ごろから強化する必要があります。


<ぎっくり腰の原因>

あなたは、いくつあてはまりますか?


 1 最近、急に太った

 2 現在標準体重をオーバーしている

 3 あぐらや、横座りすることが多い

 4 近距離でも車に乗ることが多い

 5 柔らかい敷布団が好きだ

 6 ハイヒールをよく履く

 7 イスに座る時、浅く座るのがくせだ

 8 重い荷物をよく持つ

 9 中腰の姿勢になることがよくある

10 最近めっきり運動不足だ

11 タバコをよく吸う

12 冷え性だ

ひとつでもあれば、「ぎっくり腰」の黄信号、3つ以上なら赤信号です


<ぎっくり腰の原因>

このような傾向の人はぎっくり腰になりやすい

・肥満気味

肥満は腰への負担が大きく、ぎっくり腰の天敵です。
特に、急に太った人は要注意です。

・「あぐら」や「横座り」をよくする

あぐらや横座りも背骨が横に曲がるため、ぎっくり腰には厳禁。

理想は正座ですが、ひざの負担も懸念されるため正しい姿勢でイスに座る生活を。

猫背だったり足を組むのがくせだったりと、姿勢が悪いのも腰への負担が増すので注意してください。

・車に乗ることが多い

低いシートに長時間座る状態で腰に振動が加わると腰の筋肉が疲労します。
その後、急に体をひねった状態で立ち上げるのは、ぎっくり腰の危険因子になります。

腰痛はタクシー乗務員の職業病とも言われています。

・柔らかすぎる敷布団で寝ている

布団が柔らかすぎると寝たときにお尻が落ち腰部分の背骨のカーブが増します。
習慣になっていれば腰への負担も増えるため寝具は固めを使用してください。

柔らかすぎるソファーも同様に要注意です。

・ハイヒールをよく履く

立った時お尻が突き出て腰がくびれるのが悪い姿勢で、習慣になっている人は気をつけましょう。

・イスに浅く座ることが多い

背もたれに、もたれながら浅く座る、例えば映画館の座席でついやってしまう姿勢。
一見楽そうですが斜めに体重がかかり腰への負担は大。

しかも、長時間この姿勢を続けた後に急に起き上がったりすると、魔女の一撃・ぎっくり腰が襲ってくる恐れが高まります。

・重い荷物を中腰で持ち上げる機会が多い

慢性的に腰へ無理がかかっているため、ぎっくり腰とは常に隣り合わせの状態です。
重い荷物を持ち上げるときは腰を落とし、なるべく体に荷物を近づけてから力を入れるように。

また背骨などを支える筋肉の低下も避けなければならず、運動不足であれば軽い運動を始めることなどを心がけてください。


重い荷物を持ち上げる時

腰痛・生活上の注意

 脚を前後にずらした状態で片方の

 膝をつき、持ち上げる物に手をかける。

 背筋を伸ばしたまま、脚の力を使って、

 まっすぐ立ち上がる。

 この方法だと腰への負担は軽くなる。

腰痛・生活上の注意


 前かがみの姿勢で物を

 持ち上げると、腰には立っている

 ときの4〜5倍の負担がかかる。




・タバコを吸う

喫煙により血管が萎縮して血行が悪くなり、腰の筋肉への血流に悪影響を及ぼし筋肉疲労が溜まります。

・冷え性だ

冷え性も血行が悪くなるという点からリスクは高くなります。
寒い季節は、くれぐれも腰を冷やさないように。



腰椎の疲労がぎっくり腰の原因

腰椎のうち、上から4番目と5番目が一番傷みやすい。

知らないうちに疲労し、椎間板・椎間関節・周囲の筋肉に障害を起こし激痛を生むウィークポイントになる。

1,椎間板の障害

椎間板は椎骨と椎骨の間のクッション。
老化現象で椎間板が薄くなると、椎骨同士がこすれ合うなどして痛みを生じる。

2,椎間関節の障害

椎間関節が薄くなると、関節のかみ合わせが悪くなり、靭帯(じんたい)を傷つけ急性の痛みを起こす。
慢性化すると関節の変形も起こる。

3,筋肉の障害

椎骨を支える筋肉に無理な力が加わると、筋肉や腱の一部が断裂し痛みを生じる。
腰椎が痛むと筋肉の障害も起こりやすい。

<ぎっくり腰の対処法>

ぎっくり腰「グキッ」といったら、とにかく安静

日常生活のあらゆる所に「ぎっくり腰」の危険因子は潜んでいます。

「ぎっくり腰」に、最もなりやすい場面

これらの動作をする時は、慎重になることです。


 ・体が冷えている時

 ・同じ姿勢を長時間続けている時

 ・重たい物を持つ時

 ・くしゃみ

 ・不自然な姿勢で動作をする時

 ・急激に体勢を変える時



また、ぎっくり腰「グキッ」といってしまったら、とにかく安静にすること。

ひざを抱きかかえるように丸まった姿勢で横に寝ます。

できれば、お風呂につかってゆっくり温まり、消炎剤入りの湿布などを貼るといいでしょう。

痛さが激しければ、痛み止めの服用も。

2週間ほど安静にしておくのが理想ですが、どうしても動かなければならない時は、3日目くらいから腰痛ベルトやコルセットを骨盤を中心にして強めに巻いてください。

腹内圧が高まり少しは楽になります。

ただし、長期使用は筋力が弱るために避け、痛みが引かない場合は医師に相談を。


ぎっくり腰になったら

体をひねって腰痛のストレッチ体操

ぎっくり腰予防のストレッチ体操

 1 あおむけに寝て、両ひざを立てる

 2 両肩が床から離れないようにして、

   両ひざをゆっくり真横に倒す。

   倒した状態で、10秒程静止

 3 左右それぞれ10回ずつ

<コツ: ひざを倒す時は、息を吐きながら>


腰痛の時は、真横に倒した

ときひざが床に着きません

が、できるところまでで

構いません。


このストレッチ体操を

毎日やっていると、

ひざが床に着くようになり

腰痛も少しずつ良くなります。




腰痛の方へ、おすすめの腰痛ベルト

ハード・腰椎コルセット 4300円

5つの機能でがっちり固定サポート

1)2本の幅広コイルボーンが縦、横方向にも、がっちり腰をサポート

2)補助プレート(取り外し可)

3)マジックテープ自在ベルト

4)遠赤外線加工

5)固定ベルトで強力サポート

腰痛腰の痛みに、ハードタイプ・腰椎コルセット


W生ゴム骨盤ベルト   2140円

天然生ゴムの優れた伸縮性と特殊裁断で腰を強力サポート。

骨盤のゆがみ・ずれを補正し、骨盤全体に均等な圧力をかけサポート。

天然生ゴムの強力な引締め効果、骨盤をしっかり支え腰痛を緩和。

腰痛にW生ゴム骨盤ベルト

W生ゴム骨盤ベルト


腰痛ベルトの選び方

腰痛腰の痛みに、ハードタイプ・腰椎コルセット腰痛に腰椎コルセット腰痛にメッシュV型ダブル骨盤ベルト腰痛にW生ゴム骨盤ベルト


健康情報

腰の痛み


腰痛対策・商品一覧

腰痛対策


中腰キケン・・・ぎっくり腰、誘発の恐れ


中腰キケン・・・ぎっくり腰、誘発の恐れ

ぎっくり腰を防ぐ、日常生活の注意事項
ぎっくり腰にならないために

荷物の持ち運び姿勢に、ご注意

日常生活の中には、ひょんなことから大ケガにつながる危険が潜んでいます。

荷物をヒョイと持ち上げたつもりでも、腰がギクッという経験をした人も多いでしょう。
いつまでも体は丈夫だから・・・と過信するのは要注意です。

腰は体の要(かなめ)です。

中腰やひざを伸ばした状態での荷物の持ち運びは腰への負担が大きく、ぎっくり腰を誘発する恐れがあります。

中高年になると、長年使い続けた椎間板がすり減り、椎間板ヘルニアを引き起こしたり背骨を守っている背筋が弱ってきます。

中腰の作業で負担が増すと、ぎっくり腰を誘発しやすいのです。
こうした腰痛は、上半身の重みが腰一点にかかってくるデスクワークや車をよく運転する人に多く発生します。

例えば、立ったままの姿勢で椎間板にかかる圧力を100とすると、
10Kgの物体を両手に持った場合は142になり、
ひざを十分に曲げ背筋を伸ばして物体を持ち上げた場合は244にもなります。

さらに、ひざを曲げずに体を前に倒して持ち上げた時は380、と直立時の実に4倍近い負担になってしまいます。

子供を抱っこする場合でも中腰で持ち上げたりせず、抱きかかえたらすぐに体に密着させて下さい。

「高い高〜い」は腰が悲鳴を上げるほど負担がかかるキケンな動作です。



ぎっくり腰・日常生活の注意点

・布団の上げ下ろし

一度にたくさん持たず、しっかり腰を落とし背筋を伸ばして筋肉の張りを感じながら持ち上げ移動距離は最短に。

・掃除機を持ちながらの作業

中腰は避け体をひねらないように。

・スーパーなどでの買い物

買い物袋は結構な重さになるので、そんな時は袋を2つ以上に分け左右の重さを均等にする。

1つにまとめると体が横に傾き姿勢が悪くなる。 腰に掛かる負荷は両手の場合の3倍です。

急いでいる時は、勢いでグッと力をいれてしまうことがあるので、
急いでいる時こそ、「姿勢良く、ゆっくり」を心がけてください。



腰痛の方へ、おすすめの腰痛ベルト

ハード・腰椎コルセット 4300円

5つの機能でがっちり固定サポート

1)2本の幅広コイルボーンが縦、横方向にも、がっちり腰をサポート

2)補助プレート(取り外し可)

3)マジックテープ自在ベルト

4)遠赤外線加工

5)固定ベルトで強力サポート

腰痛腰の痛みに、ハードタイプ・腰椎コルセット


W生ゴム骨盤ベルト   2140円

天然生ゴムの優れた伸縮性と特殊裁断で腰を強力サポート。

骨盤のゆがみ・ずれを補正し、骨盤全体に均等な圧力をかけサポート。

天然生ゴムの強力な引締め効果、骨盤をしっかり支え腰痛を緩和。

腰痛にW生ゴム骨盤ベルト

W生ゴム骨盤ベルト


健康情報

腰の痛み


腰痛対策・商品一覧

腰痛対策


急な腰痛・よく分かるぎっくり腰


急な腰痛・よく分かるぎっくり腰

ぎっくり腰の原因・予防・治療


<ぎっくり腰は筋トレが最大の予防法>

「魔女の一撃」と呼ばれ、突然腰に激痛が走るぎっくり腰。

年齢と共に腰の軟骨、関節などが変化するのが主な原因だ。

腹筋や背筋を鍛えて腰をしっかり支えることで痛みが出にくくなる。


ぎっくり腰のきっかけ

 ・荷物を持ち上げようとして腰に ギクッ

 ・くしゃみをして ギクッ

 ・仕事の疲れがたまったときに ズン



突然やってきて立って歩けないほどの激痛が数時間続くのが急性腰痛。
いわゆるぎっくり腰。

ぎっくり腰は1回で終わる場合もあるが、腰に時限爆弾を抱えたように定期的に繰り返す人も多い。

ぎっくり腰を防ぐためには普段から筋トレをすること。

腹筋や背筋を鍛え、腰の部分の背骨(腰椎)を筋力で支えると症状は出にくくなる。

ただし、腰痛の中には椎間板ヘルニアや内臓疾患など深刻な病気が原因で起きていることも。

その場合は痛みのほかに、下半身のしびれや発熱などがある。そんな時は、すぐに病院へ。



<ぎっくり腰の原因と病態>

骨・関節・筋肉の弱りが重なり、腰が急にズキンと痛む

腰椎の老化

背骨のうち腰の部分にある腰椎は五つの骨(椎骨)が縦に並び、それぞれは椎間板という軟骨と椎間関節でつながっている。

人間は立った姿勢の時、上半身の重さを腰で支えているため、この腰椎にストレスが加わりやすく老化とともに椎間板や椎間関節が痛んでくる。

これがぎっくり腰(急性腰痛)の背景となる。

20代から始まる老化・ぎっくり腰の危険

椎間板の老化は20代から始まるため、20代でもぎっくり腰を経験する人は少なくない。

また、農家や幼稚園の教諭など中腰の姿勢での作業が多い人や、ラグビーなど過激なスポーツをする人は、若いうちから腰椎の痛みが激しく腰痛持ちになりやすい。

ぎっくり腰の直接の原因は分かりにくい

痛みが起きているときに直接の原因を調べても約9割は分からないという。

障害が複合的に起きていることが多く根本治療は難しい。

ストレスの関与

腰痛は対人関係のストレスなど心の影響を受けやすい病気の一つだ。

ひどい腰痛を繰り返す人は、心療内科でストレスの関与があるか一度診察を受けるといい。


ぎっくり腰を起こす原因

       腰椎にうち、上から4番目と5番目が一番痛みやすい。

       知らず知らずに疲労し、椎間板、椎間関節、周囲の筋肉に

       障害を起こし、激痛を生むウィークポイントになる。

ぎっくり腰を起こす原因

 1 椎間板の障害

   椎間板は、椎骨と椎骨の間のクッション。

   老化現象で椎間板が薄くなると、椎骨同士がこすれ合うなどして痛みを生じる。

 2 椎間関節の障害

   椎間関節が薄くなると、関節のかみ合わせが悪くなり、靭帯(じんたい)を

   傷つけ急性の痛みを起こす。

   慢性化すると関節の変形も起こる。

 3 筋肉の障害

   椎骨を支える筋肉に無理な力が加わると、筋肉や腱の一部が断裂し

   痛みを生じる。

   腰椎が痛むと筋肉の障害も起こりやすい。



<ぎっくり腰の予防法>

腰痛を支える筋肉を鍛え無理な姿勢を避ける注意を

姿勢に注意する

中腰などの腰椎に負担のかかる姿勢や、腰を曲げて床のものを持ち上げるといった作業を できるだけ避ける。

また、あぐらは腰に負担をかけるので止めましょう。

運動をする

腹筋や背筋など、腰の周りで腰椎を支えている筋肉の力が弱くなると、腰椎の負担が大きくなり腰痛を起こしやすくなる。

軽いウエートトレーニングや水泳などの全身運動を日常的に行うのがベスト。

だが時間の無い人は、下図の腰痛予防体操を行うといい。


腰痛予防体操

腹筋と背筋をペアで鍛えて腰痛予防

  背筋を鍛える

   うつぶせになってお腹の下に枕を入れ、腰が少し丸くなるような姿勢をとる。

   息を吐き出し片方のひざを伸ばしながら足を頭の高さまで上げる。

   余裕があれば反対側の腕を同時に上げる。 無理のない回数を毎日。

背筋を鍛える


  腹筋を鍛える

   仰向けになってひざを軽く曲げ、足の裏を床につける。

   大きく息を吐きながらあごをひき、肩が床から離れるまで起き上がる。

   この状態で七つ数えて戻る。 無理のない回数を毎日。

腹筋を鍛える



     運動不足の人にとっては、背筋より腹筋の方が弱りやすい。

     背筋は日常生活で多少とも使う機会があるが、腹筋は使う機会が少ない。

     特にデスクワークの長い人は要注意です。

  <ぎっくり腰になった時は>

  体をひねって腰痛予防のストレッチ

急な腰痛・ぎっくり腰、予防のストレッチ

ひざを倒す時は、息を吐きながら

 1 あおむけに寝て、両ひざを立てる

 2 両肩が床から離れないようにして
   両ひざをゆっくり真横に倒す
   倒した状態で、10秒程静止

 3 左右それぞれ10回ずつ

  腰痛の時は、横に倒したとき、

  ひざが床につきませんが、

  できるところまでで構いません。

  毎日やっていると、ひざが床に

  つくようになり、腰痛も少しずつ

  良くなります。


ストレス対策

最近では、腰痛の多くと精神的なストレスに関連があることが注目されるようになってきた。

精神的ストレスの解消に努めるとともに、過度の飲酒、喫煙などの習慣も改善することで腰痛から開放されることもある。



<治療法・ぎっくり腰の治し方>

安静にすれば1週間で回復・積極的に痛みを取る治療もある

安静

急な腰痛は、安静にしていれば1週間ほどで治る。
しかし、最近では積極的に痛みの治療を行い早めに軽く体を動かす方が治りが早く後遺症も少ないと考えられるようになった。

痛みの治療

消炎鎮痛剤、筋肉弛緩剤の飲み薬で痛みを取る。
腰痛専門医では筋肉注射、硬膜外注射、神経ブロックなどの痛み止めの注射治療も行う。

コルセット

歩いたり体を動かすときに痛みがある期間はコルセットが有効だ。
下腹部を圧迫するように強く巻くのがいい。

<ぎっくり腰に間違えやすい、注意する病気>

足のしびれがあるなら、椎間板ヘルニアの可能性がある

腰痛に伴う症状に注意

姿勢を変えても痛みが軽くならない腰痛に注意。
また腰痛以外に下半身のしびれや発熱などのほかの症状がある場合にも要注意。

・椎間板ヘルニア

椎間板の一部が飛び出して脊髄の神経を圧迫して痛みやしびれを起こす。
足や肛門近くがしびれたり尿が出にくい症状があればヘルニアの可能性がある。

・変形性脊椎症

骨の形が年とともに変形して起こる病気。
椎骨の周囲にとげ状またはくちばし状の骨棘がでてきて神経を刺激する。
重症になると手術が必要。

・その他

尿道結石もぎっくり腰に間違えられやすい。
腎臓炎、脊椎腫瘍などの病気でも最初は腰痛の症状に悩むことが多い。



ぎっくり腰の方へ、おすすめのコルセット・ベルト
ハード腰椎コルセット 
  重症        軽〜中程度



腰痛の方へ、おすすめの腰痛ベルト

ハード・腰椎コルセット 4300円

5つの機能でがっちり固定サポート

1)2本の幅広コイルボーンが縦、横方向にも、がっちり腰をサポート

2)補助プレート(取り外し可)

3)マジックテープ自在ベルト

4)遠赤外線加工

5)固定ベルトで強力サポート

腰痛腰の痛みに、ハードタイプ・腰椎コルセット


W生ゴム骨盤ベルト   2140円

天然生ゴムの優れた伸縮性と特殊裁断で腰を強力サポート。

骨盤のゆがみ・ずれを補正し、骨盤全体に均等な圧力をかけサポート。

天然生ゴムの強力な引締め効果、骨盤をしっかり支え腰痛を緩和。

腰痛にW生ゴム骨盤ベルト

W生ゴム骨盤ベルト


健康情報

腰の痛み


腰痛対策・商品一覧
腰痛対策

腰の痛みは腰痛体操で治す


腰痛でお悩みの方へ

腰の痛みは腰痛体操で治す

腰周り3ヵ所の筋肉を鍛える、12種の腰痛体操


腰痛とは・・・

腰痛は人が2本足で立つようになってから生じやすくなったと考えられており、人間の宿命とさえ言われています。

全人口の2〜3人に1人は一度は腰痛に悩むといわれていますが、多くの場合は一過性の腰痛です。

しかし、中には急性腰痛(ぎっくり腰)を繰り返す人や、慢性の持続する腰痛に悩まされる人がかなりいます。

このような腰痛を起こしやすい人には働く姿勢にも関係がありますが、姿勢の異常や体幹・下肢筋肉のバランスの不良が多く見られることが指摘されています。

     下の図は脊柱を支えている筋肉と、

     脊柱の湾曲に影響を与えている下肢の筋肉を示したものです。


腰の痛み・腰痛を治す腰痛体操


筋肉の働き


腹 筋:腰椎を曲げる

背 筋:腰椎を伸ばす

腸腰筋:腰椎を前に倒す

大臀筋:骨盤を介して腰椎を引き起こす

大腿四頭筋:骨盤を介して腰椎を伸ばす

膝の屈筋:骨盤を介して腰椎を曲げる



腰痛の原因

腹筋が弱くなってゆるみ、腰椎を伸ばす(後へそらす)筋肉が細くなり、背筋・腸腰筋・四頭筋・膝屈筋が緊張すると、腰椎の前湾が強くなり腰痛を起こしやすい状態になります。

逆に、農家の婦人に多いのですが、腰を伸ばす筋力の方が弱くなり腰曲がりの傾向がでても腰痛を生じます。

また、腹筋と共に背筋の力も低下していることが多く、腰椎を支える力が全体に低下しています。

これらの不良姿勢、筋肉のアンバランスを直す目的で腰痛体操を行いましょう。


腰痛体操          腰痛体操 印刷用・PDF形式


1 体幹、下肢の筋肉を柔軟にする腰痛体操

  背筋や下肢の筋肉の柔軟性が低下している人

2 骨盤の傾きを減らし、腰椎のそりを減らす腰痛体操

  腰椎の前湾(腰のそり)が強くなっている人
  腰椎にある神経の通路を広げる。(脊柱管狭窄症に)

3 腹筋、背筋の力を強くする腰痛体操

  腹筋の力が低下している人
  腰を伸ばす筋肉の力が低下し腰曲がり傾向にある人

・ 腰痛に、良い姿勢・悪い姿勢

・ 腰痛、日常生活のポイント



1 体幹、下肢の筋肉を柔軟にする腰痛体操


1-1
両手でひざを抱え込み、背中を丸くします。

<目的>背筋を柔軟にし、腰椎前湾を減らします。

   (10秒間×2回)
腰の痛み・腰痛を治す腰痛体操1


1-2
1−1の状態から、片方の足を伸ばして床につけるようにします。
左右交互に行います。

<目的>伸ばした方の足のつけ根(腸腰筋)を柔軟にします。

   (左右とも10秒間×2回)
腰の痛み・腰痛を治す腰痛体操1


1-3
四つんばいの状態で片方の足を伸ばします。
ひざとアキレス腱を伸ばしてください。左右交互に行います。

<目的>伸ばした方の足のつけ根(腸腰筋)を柔軟にします。

   (左右とも10秒間×2回)
腰の痛み・腰痛を治す腰痛体操1


1-4
横向きに寝て、上になったほうの足をつかみ、後方へ引っぱります。
この時、腰がいっしょに反らないように、お腹を引締めて下さい。左右交互に行います。

<目的>腸腰筋、四頭筋を柔軟にします。

   (左右とも10秒間×2回)
腰の痛み・腰痛を治す腰痛体操1


1-5
立って足を交差させた状態から両手を下げて前屈します。
この時、後の足のひざを伸ばして下さい。

両手を床につけることが理想ですが、無理な場合はできるところまでで構いません。
足を左右入れ替えて、左右交互に行います。

<目的>背筋および膝屈筋を柔軟にします。

   (左右とも10秒間×2回)
腰の痛み・腰痛を治す腰痛体操1


1-6
あおむけの状態からゆっくり腰をひねり、片足を交差させて反対側の床につけます。
この時、背中を床から離さないのが理想です。左右交互に行います。

<目的>背筋、臀筋を柔軟にすると同時に腰椎の柔軟性も高めます。

   (左右とも10秒間×2回)
腰の痛み・腰痛を治す腰痛体操1


2 骨盤の傾きを減らし、腰椎のそりを減らす腰痛体操

(2−1,2は、腰椎にある神経の通路を広げることになります。脊柱管狭窄症に)


2-1
あおむけの状態で、ひざを曲げます。背中を床につけたまま、お尻と腰を持ち上げます。

<目的>腰椎のそりを減らします。

   (5秒間×3回)
腰の痛み・腰痛を治す腰痛体操2


2-2
かかとを壁から20cm位離し、リラックスして壁に寄りかかります。
おなかに力を入れて腰を壁に押しつけます。

<目的>背筋の緊張をとり、腰のそりを減らします。

   (5秒間×3回
腰の痛み・腰痛を治す腰痛体操2


3 腹筋、背筋の力を強くする腰痛体操


3-1
両手をおなかの上にあて、頭を持ち上げながらへそをのぞき込むようにします。
同時にお尻を少し浮かせるようにします。

<目的>腹筋を強くします。

   (5秒間×3回)
腰の痛み・腰痛を治す腰痛体操3


3-2
両腕を体につけ、両足を伸ばしたままゆっくり上げます。
床から10cm位上げたところで止めます。

<目的>腹筋を強くします。

   (5秒間×3回)
腰の痛み・腰痛を治す腰痛体操3


3-3
両ひざを曲げ、両手を頭の後に組んでゆっくり起き上がります。

<目的>腹筋を強くします。

   (10回)
腰の痛み・腰痛を治す腰痛体操3

<起き上がれない方は>

両手をおなかの上で組んでゆっくり起き上がります。

   (10回)
腰の痛み・腰痛を治す腰痛体操3

<それでも起き上がれない方は>

両手で太ももをおさえ、ゆっくり起き上がります。

   (10回)
腰の痛み・腰痛を治す腰痛体操3
繰り返しているうちに、両手を頭の後に組んで起き上がれるようになります。



3-4
うつぶせの状態で両腕を体につけ、上半身をゆっくり起こします。
胸が床から少し持ち上がる程度で止めます。
<目的>背筋。臀筋を強くします。

   (5秒間×3回)
腰の痛み・腰痛を治す腰痛体操3

※これがあまりできないときは腰曲がり傾向がありますので、
 1−2、1−4の運動を十分に行ってください。


腰痛に、良い姿勢・悪い姿勢


<立ち方>

両足をそろえて長い時間立っている場合は、ひざを軽く曲げ腹筋に力を入れて、腰のそり(前湾)をおさえること。
そのために片足を10cm位の台にあげておくのも良い方法。

腰の痛み・腰痛を治す腰痛体操、立ち方


<座り方>

ひざが太ももより少し高くなる位のイスに深く座る。
浅く座ると腰椎に強い曲げの力が加わり良くない。

腰の痛み・腰痛を治す腰痛体操、座り方


<横になり方>

あおむけになった時に腰が反っているのは、腰痛の人にとっては悪い状態です。
腰の反りがとれるので、腰痛の人には、ひざの下へ枕を入れることをすすめます。

柔らかい布団に寝ると、重い臀部が沈み腰のそりが強くなり腰痛の原因になります。
硬めの布団に寝るようにしましょう。

腰の痛み・腰痛を治す腰痛体操、横になり方


腰痛、日常生活のポイント


重い物を持ち上げる時

<良い持ち上げ方>

ひざを曲げ、腰を下ろして持ちます。できるだけ体に近づけて持ち上げてください。
(おなかに力を入れ、腰が曲がらないようにします)

腰の痛み・腰痛を治す腰痛体操、持ち上げ方

<悪い持ち上げ方>

ひざが伸びている。体から離して持ち上げている。

腰の痛み・腰痛を治す腰痛体操、悪い持ち上げ方


車の運転

シートをハンドルに近づけ、ひざが太ももより高くなるようにします。

シートはあまり倒さず、背中を伸ばして運転しましょう。

良い例          悪い例
腰の痛み・腰痛を治す腰痛体操、車の運転


靴(ハイヒール)

ハイヒール(特に高いもの)は、腰のそりを強くするので、腰痛の人は避けましょう。

かかと低い・ハイヒール
腰の痛み・腰痛を治す腰痛体操、靴ハイヒール


腰痛の薬物療法について


腰痛は日頃の心掛けで、また腰痛体操を行うことによって、予防したり悪化を避けることができます。

しかし、腰痛がひどい時や、日常生活に支障がある場合には、その症状に対して薬物療法を行います。

腰痛治療のお薬は、飲み薬・貼り薬・塗り薬等ありますので、医師からもらったお薬を指示通りに使用することが腰痛を治す近道です。



腰痛の方へ、おすすめの腰痛ベルト

ハード・腰椎コルセット 4300円

5つの機能でがっちり固定サポート

1)2本の幅広コイルボーンが縦、横方向にも、がっちり腰をサポート

2)補助プレート(取り外し可)

3)マジックテープ自在ベルト

4)遠赤外線加工

5)固定ベルトで強力サポート

腰痛腰の痛みに、ハードタイプ・腰椎コルセット


W生ゴム骨盤ベルト   2140円

天然生ゴムの優れた伸縮性と特殊裁断で腰を強力サポート。

骨盤のゆがみ・ずれを補正し、骨盤全体に均等な圧力をかけサポート。

天然生ゴムの強力な引締め効果、骨盤をしっかり支え腰痛を緩和。

腰痛にW生ゴム骨盤ベルト

W生ゴム骨盤ベルト


健康情報

腰の痛み


腰痛対策・商品一覧

腰痛対策


腰の痛み解消ストレッチ


腰の痛み解消ストレッチ

腰の痛みは動かして治す


年を重ねるにつれて、つらくなるのが関節の痛み

腰、膝、ひじなど、節々が傷むと、そこをかばうために体の動きが小さくなったり、体を動かすのが、おっくうになったりします。

その結果、体が硬くなって痛みがますますひどくなってしまう・・・

そんな悪循環を繰り返しているケースも少なくありません。

関節の痛みを解消する一番の対策は「動かすこと」

無理のないストレッチを日課にすることで、つらい痛みにさよならしましょう。


治療を受けていても、腰のストレッチは必要か?

関節の痛みがなぜ起こるのか、その原因はまだよく分かっていません。

ただ簡単に言うと、ほとんどの場合は関節周囲の筋肉や腱がこわばってスムーズに動かなくなったために痛みが起こると考えられます。

注射や薬で痛みを抑えたとしても、それは一時的なものでしかありません。

慢性的な痛みを解消するには、ストレッチで関節の柔軟性を取り戻すのが最も有効です。


腰の痛みがひどいときは、動かさないほうがいい?

腰の痛みがあると、無意識のうちにそこをかばってしまいがちです。

そのために関節周囲がますます硬くなって痛みは慢性化してしまいます。

基本的に急性期の熱やはれがあるときを除いて、腰の痛みがあってもストレッチは行ったほうがいいでしょう。


重症になったら手術する必要があるか?

中高年に多い関節の痛みの場合、ほとんどは手術の必要がありません。

たとえば女性に多く見られる膝の病気に変形性膝関節症がありますが、手術が必要なケースはわずか5%です。

逆に言えば、95%の人は膝の使いすぎに注意するとともにストレッチを行って関節の柔軟性を回復させれば、痛みを解消することが可能だということです。


ストレッチの効果はどれぐらいで出る?

ストレッチの効果はすぐに出ますが個人差があります。

効果判定の目安はだいたい1ヶ月みてください。

ただし、長い間、痛みを我慢していた人の場合は治りも遅くなりがちです。

痛みのために動きを制限されていた期間が長くなると、それだけ関節周囲の柔軟性も低下します。

我慢した期間が3ヶ月なら、よくなるまでにも3ヶ月かかると思って気長に取り組んでください。


腰の痛みが無くなったら、やめてもいい?

ストレッチを行って傷みが消えたとしても、関節やその周囲の組織が完全に元の状態に戻るわけではありません。

一度、痛みやはれを起こし場合、また同じ症状を起こす可能性は非常に高くなります。

症状が改善してもストレッチはそのまま続けてください。

毎日の義務と思うと長続きしないので生活の中に上手に組み込んで習慣にするようにしましょう。


腰のストレッチの基本

 ・5秒間数えるのを10回で1セット

 ・1回1〜3セットを、起床前と就寝前に行う

 ・順番は気にしなくてもOK


腰痛に腰の痛み解消ストレッチ

(1)仰向けになって、両膝を90度くらいに曲げ、

   手を体の横に置く。

(2)両膝をゆっくりと左に倒し、腰が突っ張るところで止め、

   5秒間保つ。ゆっくりと元に戻してから、

   同様に右に倒して5秒間保つ。

腰痛に腰の痛み解消ストレッチ

 (1)仰向けになって両膝を曲げ、両手でゆっくりとかかえる。

 (2)腰やお尻につっぱりや痛みを感じたところで止め、

    そのまま5秒間保つ。

    ゆっくりと元に戻る。


腰痛に腰の痛み解消ストレッチ

(1)仰向けになって両膝を90度以上曲げ、

   両手をお尻の下に置く。

(2)お尻をゆっくりと持ち上げ、手からお尻が離れたら

   5秒間止める。ゆっくりと元に戻る。


1)仰向けになって両膝を90度以上曲げ、

   手を足の方に向かって伸ばす。

(2)おなかにゆっくりと力を入れ、首が持ち上がる程度に

   力が入ったら5秒間止める。

   手をゆっくりと下におろす。

注意

 首を曲げすぎたり、体を起こしすぎたりすると

 負担が大きくなるので注意


腰痛は年のせいだから仕方がない?

腰痛の原因は、内臓の病気から姿勢の異常までいろいろ考えられますが老化もその一つです。

たとえば体を支えている脊椎(背骨)は加齢によって変性するため、腰痛の原因になることがあります。

しかし、年だからといって諦める必要はありません。

ストレッチを毎日行って腰周辺の筋力や柔軟性を保つ努力をすれば、腰痛を予防解消することは十分可能です。


ぎっくり腰は安静にするべき?

ぎっくり腰のような急性の腰痛の場合、痛みが強い間は安静が必要です。

ただ、その場合も、なるべく腰を意識的に伸ばすようにすることをおすすめします。

伸ばすのは痛くてつらいかもしれませんが、そのほうが腰の周囲の筋肉や靭帯にかかる負担が少なく回復のためにも有効です。


椎間板ヘルニアは手術が必要?

腰痛を起こす代表的な病気が椎間板ヘルニア。

椎間板は腰と腰の骨の間にあり、中に入っている髄核が後に飛び出して神経を圧迫するため痛みが起こります。

椎間板ヘルニアでも、手術が必要なケースは5%程度。

ストレッチや生活改善で症状をやわらげ、再発を防止することができます。

腰痛を悪化させる要因

慢性的な腰痛の場合、生活の中で何が悪化の原因になっているのかを知っておくことが大切です。

下の項目をチェックして、思い当たる場合は生活を見直しましょう。


腰痛を悪化させる要因

・重い物を持つことがある

・しゃがむことが多い

・立ちっぱなしでいることが多い

・車を長時間運転する

・デスクワークが多い

・体重が増えた

・運動はほとんどしない

・体の冷えが気になる



腰痛の方へ、おすすめの腰痛ベルト

ハード・腰椎コルセット 4300円

5つの機能でがっちり固定サポート

1)2本の幅広コイルボーンが縦、横方向にも、がっちり腰をサポート

2)補助プレート(取り外し可)

3)マジックテープ自在ベルト

4)遠赤外線加工

5)固定ベルトで強力サポート

腰痛腰の痛みに、ハードタイプ・腰椎コルセット


W生ゴム骨盤ベルト   2140円

天然生ゴムの優れた伸縮性と特殊裁断で腰を強力サポート。

骨盤のゆがみ・ずれを補正し、骨盤全体に均等な圧力をかけサポート。

天然生ゴムの強力な引締め効果、骨盤をしっかり支え腰痛を緩和。

腰痛にW生ゴム骨盤ベルト

W生ゴム骨盤ベルト


腰痛ベルトの選び方

腰痛腰の痛みに、ハードタイプ・腰椎コルセット腰痛に腰椎コルセット腰痛にメッシュV型ダブル骨盤ベルト腰痛にW生ゴム骨盤ベルト


健康情報

腰の痛み


腰痛対策・商品一覧

腰痛対策


腰痛ベルトの選び方


腰痛とは・・・

腰痛は人が2本足で立つようになって生じたと考えられており、人間の宿命とさえ言われています。

全人口の2〜3人に1人は、一度は腰痛に悩むといわれていますが多くの場合は一過性の腰痛です。

中には急性腰痛(ぎっくり腰)を繰り返す人や、慢性の持続する腰痛に悩まされる人がいます。

腰痛を起こしやすい人には働く姿勢にも関係ありますが、姿勢の悪さや体幹・下肢の筋肉バランスの不良が多いです。

腰痛体操や歩くことが大切ですが、腰痛ベルト等の装具も状況に応じて利用してください。



腰痛ベルト

コルセットタイプとベルトタイプ

<がっちり固定は、コルセットタイプ> ・ <動きやすさ重視は、ベルトタイプ>



<コルセット タイプ> がっちり固定


ゲルマニウムWコルセット   7340円


ゲルマニウム加工をしたフィット感抜群の本格派サポーター

ゲルマニウムと優れた機能性を兼ね備えたコルセット

二重のベルトが、脊椎と腰椎を効率良よく締め、しっかりガード

ゲルマニウムWコルセット


ハード・腰椎コルセット   4300円


5つの機能でがっちり固定サポート

腰に大きな負担がかかる方に…

2本の幅広コイルボーンが縦、横方向にも、がっちり腰をサポート

腰痛腰の痛みに、ハードタイプ・腰椎コルセット


ソフト・腰椎コルセット   3220円


3つの機能でしっかりサポート

立ち仕事の多い方に、ソフトタイプで使いやすい

W固定ゴムベルトが、しっかりと腰を引き締めます

腰痛腰の痛みに、ソフトタイプ・腰椎コルセット

ソフト・腰椎コルセット


腰椎コルセット   2550円


二重のベルトが腰椎をしっかりサポート、機能を重視したベーシックタイプ

2本のソフトプラスチックボーンが腰椎をしっかりサポート

腰部分はむれにくいメッシュ生地で通気性抜群

腰痛に腰椎コルセット

腰椎コルセット



<ベルトタイプ> 動きやすさ重視


バックレスキューベルト   7340円


腰に不安のある方に、腰の変化に対応

腰部を面で支えます

内臓式補助ベルトで洋服やズボンの邪魔になりません

腰痛にバックレスキューベルト

バックレスキューベルト

サイズ:M・LLのみ


メッシュV型ダブル骨盤ベルト   4100円


骨盤のゆがみが下半身太りの原因

ボディラインにフィットするV型設計

2種類の変形ベルトが骨盤をしっかりサポート、メッシュで蒸れずに快適

腰痛にメッシュV型ダブル骨盤ベルト

V型ダブル骨盤ベルト


W生ゴム骨盤ベルト   2140円


天然生ゴムならではの、優れた伸縮性と特殊裁断で、腰をがっちりサポート

遠赤指圧球と天然生ゴムの組み合わせが骨盤 しっかり支え腰痛を緩和

ダブル効果で腰痛を和らげます

腰痛にW生ゴム骨盤ベルト

W生ゴム骨盤ベルト


チタン腰ベルト   3065円


スポーツ界でも注目のチタン、 純度99%以上の金属チタンを熱圧着加工

プラスチック板が、腰を支え、姿勢を保ちます

消臭性、制菌性、吸水・速乾性の3つの快適がひとつになった

腰痛にチタン腰ベルト

チタン腰ベルト


健康情報

腰の痛み


腰痛対策・商品一覧

腰痛対策


腰痛の原因


腰痛の原因

腰は、なぜ痛くなるのか?


腰は、なぜ痛くなるのか?

骨や筋肉、椎間板などに起こった障害や、内臓や血管の病気、ストレスなどが原因


<脊椎・腰椎・椎間板の構造>

脊椎・腰椎・椎間板の構造

<骨や筋肉、椎間板などの障害が原因の腰痛>


・椎間板症・椎間板ヘルニア

 原因  椎間板に障害がおこる

 症状  椎間板症: 腰痛のみ。 椎間板ヘルニア: 急性の腰痛、坐骨神経痛。

・脊椎管狭窄症

 原因  椎骨の変形などで神経が圧迫される。 神経の血流障害。

 症状  腰痛、足のしびれ、間欠跛行(*)

 (*)間欠跛行: 歩行などで負荷をかけると、疼痛・しびれを感じ、
            休息すると症状が軽減し運動可能になること。

・骨粗しょう症

 原因  骨からカルシウムが抜けて骨がもろくなり、脊椎が圧迫骨折をおこして、
      腰痛が生じる。高齢の女性に多い。

 症状  背中が丸くなり、腰の下のほうに重い痛みがおこる。 骨折時は強く痛む。

・腫瘍

 原因  乳房や肺、甲状腺、腎臓、大腸、前立腺などに発生した腫瘍が脊椎に転移し、
      骨が破壊されたり腫瘍が神経を圧迫したりする。

 症状  強い痛みが続く。 安静にしても痛みが軽減しない。

・感染症

 原因  脊椎に細菌などが感染して骨が壊される。
      高齢者や糖尿病のある人など抵抗力の弱い人に多い。

 症状  痛みのほか発熱を伴うことが多い。

・筋膜性腰痛症

 原因  過度の運動や、長時間同じ姿勢を保つことなどで筋肉の疲労や緊張がおこる。

 症状  かがんだり、長時間座ったままでいると痛む。
      腰の下のほうに重くだるい痛みがおこる。
      腰痛の7〜8割を占める


<内臓や血管の病気が原因の腰痛>


・腰痛がおこることのある、内臓の病気

 原因 消化器の病気 (胆石・膵炎・胃潰瘍など)
     泌尿器系の病気 (腎臓結石・尿管結石など)
     婦人科系の病気 (子宮筋腫・子宮内膜症など)
     上記のような病気によって、内臓に分布する神経や腰の周囲の神経が刺激されて
     腰痛がおこる。

 症状 安静にしても治らないのが特徴。
     胃腸症状や血尿、不正出血など、原因となる病気による腰痛以外の症状を
     伴うことが多い。

・腰痛がおこることのある、血管の病気

 原因 大動脈瘤
     大動脈の壁が膨らんで、こぶのようになったり破裂したりして周囲の神経を刺激する。

 症状 大きなこぶができると慢性の腰痛が起こることがある。
     こぶが破裂すると激痛を起こす。
     ショック状態に陥ったり命にかかわったりすることもある。


<心因性の腰痛>


・心因性の腰痛

 原因 ストレスや気持ちの落ち込みが原因。
     検査で異常がなく保存療法を行っても効果がない場合に、
     心因性の腰痛の可能性が考える。

 症状 特に検査では異常ないのに、通常の治療を行っても効果がなく痛みが続く。


<ぎっくり腰とは?>


 ぎっくり腰は病名ではなく、筋膜製腰痛症や椎間板ヘルニアなどによる
 突然の激しい腰痛の総称です。

 通常痛みの強い1〜2日間は安静にして、治まってきたらできるだけ動くようにします。



腰痛の方へ、おすすめの腰痛ベルト

ハード・腰椎コルセット 4300円

5つの機能でがっちり固定サポート

1)2本の幅広コイルボーンが縦、横方向にも、がっちり腰をサポート

2)補助プレート(取り外し可)

3)マジックテープ自在ベルト

4)遠赤外線加工

5)固定ベルトで強力サポート

腰痛腰の痛みに、ハードタイプ・腰椎コルセット


W生ゴム骨盤ベルト   2140円

天然生ゴムの優れた伸縮性と特殊裁断で腰を強力サポート。

骨盤のゆがみ・ずれを補正し、骨盤全体に均等な圧力をかけサポート。

天然生ゴムの強力な引締め効果、骨盤をしっかり支え腰痛を緩和。

腰痛にW生ゴム骨盤ベルト

W生ゴム骨盤ベルト


健康情報

腰の痛み


腰痛対策・商品一覧

腰痛対策