カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
送料:全国一律 550円(税込)4500円(税込)以上のお買い上げで送料無料

お電話・FAX・メールでのご相談・ご注文を承ります。
「サイズが分かりにくい、商品の違いが分からない、もっと詳しい商品内容」など、ご説明します。

電話番号:072-811-5170 ・ FAX番号:072-811-5175
メールアドレスkadono@ces55.com
留守番電話の場合は、お電話番号とお名前を録音して下さい。当店よりお電話します。

脊柱管狭窄症の治療


脊柱管狭窄症の治療

(せきちゅうかんきょうさくしょう)

腰痛対策の新情報


50歳代から増え始める「脊柱管狭窄症(せきちゅうかん・きょうさくしょう)」は、
近年、腰痛のなかでも特に多くなってきています。

神経の通り道である「脊柱管」が狭くなることで、腰痛や歩行障害などが起こります。



脊柱管狭窄症とは?

「脊柱管」が狭くなり、神経が圧迫される

脊柱(背骨)を構成している椎骨(ついこつ)は、円柱状の「椎体(ついたい)」と、後方に張り出した「椎弓(ついきゅう)」から成っています。

椎骨が積み重なることでできる、管状の空間を「脊柱管」といいます。

第一腰椎のあたりから下の脊柱管には、「馬尾(ばび)」と呼ばれる神経の束が通っています。

馬尾から分かれた神経は、脊柱管から出て脚のほうに伸びています。

「脊柱管狭窄症」はこの脊柱管が狭くなる病気で高齢者に多く見られます。

老化に伴う椎間関節や椎間板の変形に加え、椎体が前方にずれる「脊椎すべり症」も脊柱管狭窄症の原因になります。



・脊柱管狭窄症の症状

脊柱管狭窄症では神経が圧迫されて症状が引き起こされます。

圧迫される部位により、馬尾が圧迫される「馬尾型」、神経根が圧迫される「神経根型」、両方が圧迫される「混合型」に分類されます。

脊柱管狭窄症の代表的な症状は、「腰痛」と脚の痛みやしびれから起こる「歩行障害」です。

腰を反らせると脊柱管が狭くなるため痛みが強くなり、前かがみになると楽になるのが特徴です。

しばらく歩くと脚の痛みや、しびれで歩けなくなる場合も前かがみで休むと脊柱管が広がり、またしばらくは歩けるようになります。

脚の痛みやしびれは、腰から脚、足の裏などに広がります。

また、神経が圧迫されることで排泄障害や感覚障害が起こることもあります。


脊柱管狭窄症とは?


正常

脊柱管狭窄症

 脊柱(背骨)には、椎弓と椎体の間に

  「脊柱管」という空間がある。

脊柱管には「脊髄」と「馬尾」や

「神経根」が通っている。

脊柱管狭窄症(混合型)脊柱管狭窄症

腰椎の脊柱管が狭くなると、

神経根や馬尾などが圧迫される。

椎間板の変形などが脊柱管を

狭める原因となる。


脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニア



脊柱管狭窄症の主な症状

 ・腰痛

 ・歩行障害

 ・脚の痛み、しびれ

 ・排泄障害

 ・感覚障害 など

脊柱管狭窄症の治療

痛みやしびれが起こる部位馬尾が

圧迫されると、両方の足の裏側に

痛みやしびれが起こる。

片方の神経根のみが圧迫された

場合には、圧迫された側の脚に痛みや

しびれなどが起こる。




治療法 -保存療法(手術をしない療法)-

薬物療法や神経ブロックなどが行われる

脊柱管狭窄症では、まず薬物療法、装具療法、神経ブロック療法などの保存療法が行われます。

・薬で痛みやしびれを軽減させる

痛みに対しては「消炎鎮痛薬」が、しびれに対しては「ビタミンB12製剤」が用いられます。

歩行障害がある場合には、血流を改善する「プロスタグランジン製剤」が使われます。

・コルセットなどで腰を固定する

腰を伸ばすと痛むので、やや前かがみの状態で固定するコルセットが用いられます。

腰を伸ばすことが制限されるため、コルセットを装着することで神経への刺激が軽減されます。

・神経ブロック注射で痛みを軽減させる

神経やその周囲に「局所麻酔薬」と「ステロイド薬」を注射することによって痛みを遮断し炎症を抑える治療法です。

脊柱管狭窄症の神経ブロックには、「硬膜外ブロック」と「神経根ブロック」の2つの方法があります。

硬膜外ブロックでは、神経を覆っている硬膜の外側にある硬膜外腔に薬剤を注射します。

神経根ブロックでは、障害を受けている神経根の周囲に薬剤を注射します。


脊柱管狭窄症の保存療法

<神経ブロック療法>


・硬膜外ブロック

尾骨の上にある仙骨部から硬膜外腔に

局所麻酔薬やステロイド薬を注射する

方法。


・神経根ブロック

背中側から針を刺し、圧迫されている

神経根の周囲に直接、局所麻酔薬と

テロイド薬を注射する方法。

脊柱管狭窄症の保存療法


<薬物療法>

消炎鎮痛薬や血流を改善

するプロスタグランジン

製剤などが用いられる。

<装具療法>

 前かがみの姿勢を保つ

 ようなコルセット

 用いられることもある。

脊柱管狭窄症の治療



治療法 -手術-

排泄障害などがある場合に手術が検討される

手術を考えるのは、保存療法で十分な効果が得られず症状が悪化しているような場合です。

歩行障害などにより、日常生活に著しく不便を感じている場合には手術が勧められます。

また、排泄障害がある場合には手術が必要となります。

手術には、神経への圧迫を除く「除圧術」と上下の椎骨を固定する「脊椎固定術」という方法があります。


・除圧術

脊柱管が狭くなることによって神経が圧迫されているので、脊柱管を形づくっている脊椎の一部を切除することで圧迫を取り除く手術です。

次の2つの方法があります。

椎弓切除術

脊柱管は椎体の後壁と椎弓に囲まれています。

狭くなった脊柱管を広げるために、椎弓を広範囲にわたって切除する手術です。

広範囲にわたって神経への圧迫を取り除くことができます。

脊柱管狭窄症の手術では、この方法が最もよく行われています。

開窓術

椎弓切除術と同じように椎弓を部分的に切除し、窓を開けたような状態にする手術です。

ただし、神経を圧迫している部分(椎弓の一部・椎間関節の内側・靭帯)を中心に切除し、それ以外の部分は可能な限り残すようにします。


・脊椎固定術

椎骨のすべりが原因となっている場合には、ずれている部分を固定する手術で、脊柱管が狭くなるのを改善できます。

自分の骨を移植する方法や人工骨を使う方法があります。また、固定するための金属が用いられることもあります。

・新しい手術

患者さんの身体的な負担が軽い手術として「内視鏡手術」も試みられるようになっています。

背中を小さく切開し、そこから患部に内視鏡を挿入しモニターの画面を見ながら手術を行います。


<参 考>

椎間板ヘルニアの内視鏡手術について

最近内視鏡でヘルニア摘出を行う施設も多くなってきました。

通常、キャスパー法 という方法で行う事が多いですが本法では1cm程度の皮切を加え、それを開口器で開いておきます。

そこで 大腸ファイバーや胃カメラのような器具を入れて、黄靭帯という比較的強い筋を切開し後ろにせり出してきたヘルニアに切開をいれて中身を引き出します。

大きく開ける従来の方法は LOVE法 と言われ、むしろ手術時間は早いのですが背中の筋肉も大きく開くので手術後4週間はベッド上で安静を余儀無くされトイレもベッド上です。

内視鏡手術の場合は、術後2ー3日で歩行可能、数日で退院可能です。

抜糸は外来でしてもよいくらいです。肉体労働への復帰はどちらの手術も 一ヶ月程度で可能でしょう。


脊柱管狭窄症の手術例

脊柱管狭窄症の手術

 馬尾や神経根への圧迫を除くために、

 脊柱管の後ろの壁を構成している椎弓を

 広範囲にわたって切除する方法。

 神経を圧迫している、椎弓の一部と

 椎間関節の内側、靭帯を中心に

 切除する方法。



手術後はコルセットを装用します。

手術後は通常、約3〜4日でコルセットを用いて歩行訓練を始めます。

一般的には約10〜14日で退院となります。



<質問>

100メートル歩くのがつらい。

68歳女性です。15年程前より、除々に腰が曲がってきております。

腰痛はないのですが毎日コルセットが欠かせません。

家事全般はこなせますし、その為に家の中を歩き回る(階段の昇降を含む)のも腰を曲げたままですが問題はありません。

よく田舎のお年寄りで、腰が曲がってかなりの前屈姿勢になっているにもかかわらず、 畑仕事をされている方がいらっしゃいますが、あんな感じでしょうか。

ただ私の場合、距離を歩くことが出来ません。

外を100メートルも歩くと、もうつらいです。

孫をのせたベビーカーを押しながら歩いたり、両手に少々重い荷物を持って歩くと普通に歩くよりは大分楽です。


<回答>

まず年齢から考えて腰部脊柱管狭窄症が考えられます。

これが発生した原因は組織の脆弱化があります。

自分で出来る対策として腹筋の強化、さらに呼吸法として腹式呼吸を常に心がけるようにします。

腹背筋や腰部、下肢の筋力強化が重要です。

コルセットが欠かせないとのことですが、コルセットは腹背筋の代用ですので、是非とも腹背筋の強化をお勧めします。

まずは普段の姿勢を改善させ、なるべく背筋をのばしておく事を努力してください。

それだけでも継続する事で筋力改善の効果がでてきます。

また、寝る前や朝起きる前に、あおむけのままでお腹に力をいれて首を持ち上げおへそを見るようにする事をしてみて下さい。

毎日継続する事で筋力改善効果があり良いリハビリとなります。




腰痛ベルト

コルセットタイプとベルトタイプ

<がっちり固定は、コルセットタイプ> ・ <動きやすさ重視は、ベルトタイプ>



<コルセット タイプ> がっちり固定


ゲルマニウムWコルセット  7340円


ゲルマニウム加工をしたフィット感抜群の本格派サポーター
ゲルマニウムと優れた機能性を兼ね備えたコルセット
二重のベルトが、脊椎と腰椎を効率良よく締め、しっかりガード

ゲルマニウムWコルセット


ハード・腰椎コルセット   4300円


5つの機能でがっちり固定サポート
腰に大きな負担がかかる方に…
2本の幅広コイルボーンが縦、横方向にも、がっちり腰をサポート

腰痛腰の痛みに、ハードタイプ・腰椎コルセット


ソフト・腰椎コルセット   3220円


3つの機能でしっかりサポート
立ち仕事の多い方に、ソフトタイプで使いやすい
W固定ゴムベルトが、しっかりと腰を引き締めます


腰痛腰の痛みに、ソフトタイプ・腰椎コルセット

ソフト・腰椎コルセット


腰椎コルセット   2550円


二重のベルトが腰椎をしっかりサポート、機能を重視したベーシックタイプ
2本のソフトプラスチックボーンが腰椎をしっかりサポート
腰部分はむれにくいメッシュ生地で通気性抜群

腰痛に腰椎コルセット

腰椎コルセット



<ベルトタイプ> 動きやすさ重視


バックレスキューベルト   7340円


腰に不安のある方に、腰の変化に対応
腰部を面で支えます
内臓式補助ベルトで洋服やズボンの邪魔になりません

腰痛にバックレスキューベルト

バックレスキューベルト

サイズ:M・LLのみ


メッシュV型ダブル骨盤ベルト   4100円


骨盤のゆがみが下半身太りの原因
ボディラインにフィットするV型設計
2種類の変形ベルトが骨盤をしっかりサポート
メッシュで蒸れずに快適

腰痛にメッシュV型ダブル骨盤ベルト

V型ダブル骨盤ベルト


W生ゴム骨盤ベルト   2140円


天然生ゴムならではの、優れた伸縮性と特殊裁断で、腰をがっちりサポート
遠赤指圧球と天然生ゴムの組み合わせが骨盤 しっかり支え腰痛を緩和
ダブル効果で腰痛を和らげます

腰痛にW生ゴム骨盤ベルト

W生ゴム骨盤ベルト


チタン腰ベルト   3065円


スポーツ界でも注目のチタン、 純度99%以上の金属チタンを熱圧着加工
プラスチック板が、腰を支え、姿勢を保ちます
消臭性、制菌性、吸水・速乾性の3つの快適

腰痛にチタン腰ベルト

チタン腰ベルト


健康情報

腰の痛み


腰痛対策・商品一覧

腰痛対策