カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
送料:全国一律 550円(税込)4500円(税込)以上のお買い上げで送料無料

お電話・FAX・メールでのご相談・ご注文を承ります。
「サイズが分かりにくい、商品の違いが分からない、もっと詳しい商品内容」など、ご説明します。

電話番号:072-811-5170 ・ FAX番号:072-811-5175
メールアドレス:kadono@ces55.com
留守番電話の場合は、お電話番号とお名前を録音して下さい。当店よりお電話します。

 

薄毛防止の正しいシャンプー


薄毛防止の正しいシャンプー

ポイントは、頭皮のマッサージ

頭皮は他の皮膚と違い、その下に筋肉がないので血行が悪くなりやすい。

頭皮のマッサージが血行促進のために重要。

薄毛対策は、シャンプーによる頭皮環境の改善が近道。


薄毛防止の正しいシャンプー



(1)最初はシャンプー液を使わない

頭皮の汚れの大半はお湯だけで落ちる。

最初に、お湯だけで洗髪すればシャンプーの量を減らせる。

皮脂が気になる人は、お湯洗いの前にオリーブオイルで皮脂を溶かして浮き立たせる。



(2)最初のシャンプー(2回に分ける)

1回目のシャンプーの量は約4cc。 手のひらで500円玉大。

シャンプーの使いすぎに注意。

ポンプ式シャンプーは1回押すと6〜9ccも出る。

直接地肌に付けないように手のひらで泡立てて髪全体に伸ばす。



(3)爪をたてずに指頭で洗う

髪になじませたらエリ足から後頭部へと下から上に指を動かすように洗う。

爪を立ててゴシゴシ洗わないようにする。

指の腹で頭皮をこすると若い毛髪が抜けることもある。

頭皮を動かすように指先で洗う。



(4)2回目は円を描きながらの、もみ洗い

泡立ちが減ってきたら、すすぎ流す。

シャンプーの量は1回目の約半分。

2回目は頭皮のマッサージが目的です。

エリ足から後頭部、次に側頭部から頭頂部へもんでいく。

五指を頭皮に密着させ円を描くように動かす。

約5分間もみ続ける。



(5)シャンプーが残らないように、すすぎは充分にする

すすぐ時も、頭皮をマッサージしながらすすぐ。



(6)頭皮にとっては、リンスは不要

リンスは、アルカリ性のシャンプー剤で洗った髪を中和させるのが目的。

頭皮にとっては不要です。



(7)タオルはかぶるようにして

タオルで拭き取る際にバサバサこすらない。

頭にかぶって、手のひらで軽く叩いたり、指頭で細かくもむように拭く。

トニックや育毛剤は、頭皮に水分が残った状態で使う。

ドライヤーを使う場合は、必ず15〜20センチほど離す。


<体の悩み・健康情報>
体の悩み