カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
送料:全国一律 550円(税込)4500円(税込)以上のお買い上げで送料無料

お電話・FAX・メールでのご相談・ご注文を承ります。

「サイズが分かりにくい、商品の違いが分からない、もっと詳しい商品内容」など、ご説明します。

電話番号:072-811-5170 ・ FAX番号:072-811-5175
メールアドレス:kadono@ces55.com

留守番電話の場合は、お電話番号とお名前を録音して下さい。当店よりお電話します。

腫瘍マーカー検査で、がんの疑い?


腫瘍マーカー検査で、がんの疑い?

腫瘍マーカーって何?


最近健康診断で、腫瘍マーカー検査が使われるようになってきました。

腫瘍マーカーで、要再検査と言われた。

でも、詳しい検査を受けたものの異常なし。

なぜ数値が上がったのか不安です。(異常値なのか?)


腫瘍マーカーについての基礎知識


数値の上昇がなければ心配無い

腫瘍マーカーは、がんが体内にある時に血液や尿中で増える物質で、がん診断の補助として使われています。

各臓器のがんにそれぞれ適した腫瘍マーカーがあり、

前立腺がんには「前立腺がん特異抗原PSA

肝臓がんには「アルファ胎児たんぱくAFP]

消化器がんでは「がん胎児性抗原CEA」と「糖鎖抗原CA19-9

などがよく使われます。



「がん」が進むと腫瘍マーカーの血中レベルが上がるのが普通です。

しかし、腫瘍マーカーは健康な人でも少量は作られ平常レベルには個人差があります。

また、腫瘍マーカーを作らない「がん」や「進行がん」でも血中レベルが上がらない場合があります。



「がん」以外にも、肺炎、結核、肝炎、糖尿病、腎障害など、さまざまな病気で増加します。

すい臓がんでは、CA19-9がよく使われますが、この腫瘍マーカーは、胃、大腸、胆道卵巣などのがんのほか、すい炎、胆石、胆管炎、卵巣のう胞、子宮内膜症などでも増加します。



CA19-9を作る能力は遺伝的に決まっています。

平常レベルがゼロで、がんになってもゼロのままの人や平常でも高レベルの人がいます。

たまたま腫瘍マーカー検査を受けて、がんを疑われる人がありますが画像や他の血液検査で異常がなく3〜6ヶ月後の腫瘍マーカーレベルに変化がなければ心配ありません。

ただ、連続した検査でマーカー値が常に増加している場合は、もう一度精密検査を受けるか、がんセンターなど専門病院を受診することをお勧めします。



<ガン検査に用いられる主な腫瘍マーカー>
腫瘍マーカー

<日常の健康管理・健康情報>
健康管理

    醤油スプレー     ストレッチャー     ブルフット        清涼枕カバー 
ちょいかけスプレー・2本組   ビューティシェイプ・ストレッチャー   ブルフット  涼しぃ〜つ 枕パッド

ページトップへ